農事組合法人ヒット/株式会社bヒット(びーひっと)のえのき茸が出来るまで
ホーム > えのき茸が出来るまで

えのき茸ってどうやって出来るんだろう?

えのき茸が出来るまでの工程説明です。写真をクリックすると、拡大表示されたり、各工程のピンの写真もございますので、チェックしてくださいね。

1.詰込み2.殺菌3.接種4.培養5.菌掻き
6.芽出し7.抑制8.生育9.掻出し10.包装

生産工程
1.詰込み
詰込み写真その1 詰込み写真その2

培地を空ビンに詰込む作業なの。
私たちが育つ環境の用意をしてくれてるのよ♪

↑ページ上部へ


2.殺菌
殺菌 2.殺菌

培地にはいろいろな微生物が混じっているため、
120℃の蒸気で殺菌するんです。
蒸し風呂みたいで気持ちいいんですよ♪


↑ページ上部へ

3.接種
接種 3.接種

部屋も機械も人間も清潔にして
種菌を植える作業中なんです♪
大切に育ててもらっている感じがします♪


↑ページ上部へ

4.培養
培養その1 4.培養

14℃の室温で、ビン全体に菌を回しているんです。
これで、パーフェクトなえのき茸ボディーを
手に入れることが出来るんですよ♪


↑ページ上部へ

5.菌掻き
菌掻きその1 5.菌掻き

古い種菌を除いて、菌糸を切断して発芽を
促進する作業をするんですよ

↑ページ上部へ

6.芽出し
芽出しその1 6.芽出し

14℃の室温、95%の湿度で
僕たちの芽を出してくれるんだ!


↑ページ上部へ

7.抑制
抑制その1 7.抑制

6℃のちょっと寒い室温の部屋に置いて
芽の不揃いを整えてるの♪


↑ページ上部へ

8.生育
生育その1 8.生育

僕たちが外側に倒れないように紙を巻いてくれて
7℃の室温で収穫の時を待つのさ!
さぁ~もう少し寝てようっと♪


↑ページ上部へ

9.掻出し
掻出しその1 9.掻出し

収穫したビンから、培地を掻き出す
作業をしてくれるんだ。掻き出したものは農家の
堆肥として無駄なく使われるんだよ♪


↑ページ上部へ

10.包装
包装その1 10.包装

たくさんの人たちが僕たちを優しくパッケージに
入れてくれて、みんなのもとに行くんだ!


↑ページ上部へ


50日間に及ぶ
たくさんの工程を経て
食卓に届けます!

えのきが出来るまで


会社インフォメーション
農業組合法人ヒット

所在地

〒078-1652
北海道上川郡愛別町字中央1570番地

TEL
FAX

01658-8-1567

株式会社bヒット

所在地

078-1403
北海道上川郡愛別町字南町471番地の3

TEL
FAX

01658-6-6028

ページ上部へ